格安simだとキャリアよりどれだけ安くなる?安いぶん悪くないか?

格安sim キャリア比較
スマホをもつために格安simを利用する方が増えているわけですが、格安のものだとどれくらい安くなるのか?考えてみたことはあるでしょうか?

安くなるのであれば、気軽にスマホを持てるわけですが、その分わるい面もでてくることもあるでしょう。

では、どれくらい安くなるのか?機能面はどうなっているのか?といったところをちょっと紹介します。

安さ比較

大手三社の基本料金については、おおよそと月に7000~8000円くらいを平均にスマホの料金を支払っているといわれています。

一方で格安simを利用しているような場合ですと、月の平均利用料金は約3000円になっておりますので、結構な値段やすくなります。

大手と比べるとおおよそ4000円から5000円くらいの安さです。これだけ安ければ、お金が少ない人でもスマホを持ちやすくなります。

利便性も向上している

格安simであると、利便性の面で悪くならないだろうか?というようなことも考えると思います。
確かに、安い分機能面で劣る面もあります。

例えば、キャリアメールのようなものを使えませんし、通話料金も通話し放題のようなものがない場合も多いです。通信速度が遅くなりやすかったり、サポートなども限定的です。

ですが、機能面でもかなりよくなっています。iphoneに関して、格安simの利用が従来よりもできるようになってきています。

新しいものを無理でも、古いスマホなら安く手に入って格安simの入れ替えができますので、比較的いい性能のスマホも使いやすくなっていますから、スマホの利用幅も増えています。

また、従来は支払い方法が「クレジットカード支払い」のものが多く、利用できる人が限られているようなことも多かったのですが、最近では口座振替ができるようにもなってきている会社も増えているのであります。

利用しやすい範囲がだんだんと増えており、値段も安いので格安simのスマホに関しては昔よりかなり良くなってきていると思います。

iphoneを格安simで利用する場合