頭皮マッサージの効果がついに明らかに

頭皮マッサージ
薄毛でお悩みの方に朗報です。日本医科大学形成外科、株式会社アンファー、そして薄毛治療でおなじみのヘアメディカルグループが共同研究を行い、頭皮マッサージの効果が明らかになりました。

髪の毛には生えるサイクルがあります。普段見えている髪の毛が全てではありません。成長期、休止期、退行期があり、順番に回るサイクルがあります。薄毛になってしまう方は、このサイクルがうまくいっていません。

まだ髪の毛が十分に成長していないのに、成長期が終わってしまうのです。未熟な髪のまま休止期や退行期に進んでしまうので、太い髪が減ることで見た目が寂しくなってしまいますね。もちろん土台も痩せていってしまいます。

着目したのは、この土台部分にある毛乳頭細胞です。この細胞は、健やかな髪の成長サイクルに関わっています。この毛乳頭細胞の元気が無いと、髪のサイクルがしっかりと行われません。つまり、毛乳頭細胞が活性しているかどうかが髪の健康のためにはとても大切なのです。

今回の研究では、この毛乳頭細胞に超音波で刺激を与えました。すると、通常の約1.3倍も細胞が活性化していることがわかったんです。

ちなみに、発毛剤によく使われているミノキシジルにも、同じく毛乳頭細胞を約1.3倍活性化させる結果が出ています。刺激を与えた場合は約1.3倍。育毛剤を使いながら頭皮のマッサージをしたり、ヘアブラシで刺激をするというのは正しい行為だったということですね。

逆に考えてみると、育毛剤や発毛剤を使わなくても頭皮の刺激だけでも細胞を活性化させることは可能ということですね。刺激を与えることで血行が改善し、結果として育毛効果が出る。従来はそう考えられていたのですが、刺激そのものが効果があるということです。

現在はまだ研究が進められている段階ですが、マウスでの実験では良い結果が出ています。今後メカニズムが更にハッキリとすれば、更に明るいニュースとなりますね。

頭皮を刺激するだけなら、今日からでも簡単にできます。ただしやりすぎると血が出てしまったり、頭皮の環境を悪化させてしまうことも。

頭皮を傷付けないように、気持ち良い程度に行うのが大切ですね。