育毛剤は放置すると腐る?正しい育毛剤の保管方法、保管場所とは?

育毛剤は1本に1ヵ月分が入っているのが普通です。ということは、最低でも1ヵ月間くらいは、育毛剤をどこかに保管しなければならないということ。

育毛剤の保管場所として思いつくのは冷暗所、特に冷蔵庫などですが、果たしてそれは正しい保管方法なのでしょうか。

当記事では育毛剤の正しい保管方法についてお話しいたします。参考にしていただければ幸いです。

冷蔵庫はOK?育毛剤の保管方法とは……

冷暗所と言われたら、冷蔵庫を思い浮かべる方も多いでしょう。確かに冷蔵庫なら、育毛剤が悪くなったりする心配はなさそうです。

しかし、冷蔵庫で保管するのは、あまりおすすめはできません。その理由は、育毛剤が冷えすぎるということ。

冷えることによって成分が変わることはないのですが、ジェル状やクリーム状の育毛剤は特に、凝固して頭皮に塗るのが難しい状態となってしまう可能性があります。

さらに、冷たいものを皮膚に塗ると血行が悪くなりますよね。育毛剤に配合されていることの多いセンブリエキスなどの血行促進サポート成分は、頭皮の血行をよくして頭皮全体に栄養を行き渡らせることを目的としたもの。

せっかくセンブリエキスで血行を良くしようとしているのに、育毛剤自体が冷たいのでは意味がありません。

ひんやり、すうすう、みたいな使用感が好きという方は、メントール入りの育毛剤を選ぶとよいでしょう。冷蔵庫に保管するのはNGです。

ベストな保管場所とは

では、冷蔵庫がダメだとすると、どこに保管するのがよいのか。これは難しく考える必要はないのです。洗面台や脱衣所の棚などに置いて常温保存すればOKです。

ポイントは、直射日光の当たらない、日中でもそれほど暑くならない場所、部屋に保管すること。

たとえば窓のそばや、キッチンのコンロの横などに置いたりするのはダメなわけです。

たとえ洗面台であっても、窓が近くにあったりする場合は、別のところに保管したほうがよいということになります。

薬箱の中や、化粧品台の上、抽斗(ひきだし)の中など、保管できそうな場所はいくらでもあるのではないでしょうか。

自分の家の中でもっとも良さそうな場所で探してみてください。

育毛剤も腐る

育毛剤には防腐剤などが含まれていないこともあります。したがって、長期間放置していると内容物が腐ってしまい、かえって頭皮に悪い代物となります。

今ある育毛剤の多くは、1本1ヵ月分ですので、開封後最低でも1ヵ月間は腐らないよう設計されていますが、昔使っていた育毛剤の残りを使うといったことは避けてください。

1本1ヵ月、長くても2ヶ月で使い切るようにしてくださいね。

【関連】【育毛の極2018!】薄毛改善効果がある食べ物や育毛剤の選び方まとめ